コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部芳松 なんぶ よしまつ

1件 の用語解説(南部芳松の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部芳松 なんぶ-よしまつ

1894-1976 大正-昭和時代の型紙彫刻家。
明治27年9月20日生まれ。父に伊勢(いせ)型紙彫刻の突き彫りをまなぶ。白子徒弟学校中退後,明治42年山梨県谷村で甲斐絹(かいき)型を,44年から東京の小林勇蔵に中形彫刻をまなんだ。大正2年独立する。昭和30年「伊勢型紙突彫」の保持者として人間国宝。昭和51年11月5日死去。82歳。三重県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

南部芳松の関連キーワード染型紙浅見与七児玉博小林大巌谷友次中島秀吉中村勇二郎三浦アンナ牟田久次六谷梅軒

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone