コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南陽紹弘 なんよう しょうこう

2件 の用語解説(南陽紹弘の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南陽紹弘 なんよう-しょうこう

?-1652 琉球の僧。
臨済(りんざい)宗。19歳で日本にわたり陸奥(むつ)松島(宮城県)瑞巌(ずいがん)寺などで修行,江戸東禅寺嶺南崇六(れいなん-すうろく)の法をつぐ。のち琉球にもどり,建善寺住職となり妙心寺派をひろめる。北谷(ちゃたん)出身で北谷長老とよばれた。尚質王5年11月5日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

南陽紹弘

没年:尚質5.11.5(1652.12.5)
生年:生年不詳
近世初期の琉球の臨済宗の僧侶。南陽紹弘禅師は法号で,俗に北谷長老と呼ばれる沖縄本島中部の北谷の生まれで,13歳で出家し19歳で修行のため日本に渡った。方々を転々としたのち,奥州松島(宮城県)瑞巌寺で学び,妙心寺派の宗統をはじめて琉球に伝えた。帰国後の大半の人生を郷里北谷で送り,病気や病害虫に悩む村人のために祈祷を行ってこれを除去するなど生き仏と崇められた。没後,北谷の長老山の墓に葬られ,毎年村人により墓前祭が行われた。

(高良倉吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南陽紹弘の関連キーワード正韵淡海昌敬大順宗慎宙外玄杲東海宗朝春沢宗晃文室宗周福島慶道広叔元運済家

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone