コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

占田・課田制 せんでん・かでんせいZhan-tian Ke-tian-zhi; Chan-t`ien K`o-t`ien-chih

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

占田・課田制
せんでん・かでんせい
Zhan-tian Ke-tian-zhi; Chan-t`ien K`o-t`ien-chih

中国,西晋 (→) の土地制度。西晋の武帝が天下統一を達成した直後発布したもの。『通典』によると,占田の場合,官人は官品第一品の 50頃 (けい) から官品一品ごとに5頃を減じ,官品第九品の 10頃にいたる。また,庶民は男子で 70畝,女子は 30畝である。課田の場合,丁男は 50畝,丁女は 20畝,次丁男は 25畝である。こうした占田・課田については,土地給付法あるいは限田法などさまざまな解釈があるが,一説を記すと次のようになる。占田に示されている額は国家の示した土地私有の基準額で,それをこえても収公されることはなく,一方それ以下であってもその不足分だけ国有地を授けられるわけでもない。課田は旧来の屯田を廃止した土地を割当てたもので,現実にその土地を耕作するものは,天下統一後改めて一般編戸の民とされたかつての屯田民を主とする。課田耕作者の納める租は国家に対する「小作」料である。占田・課田制は東晋では行われなくなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

占田・課田制の関連キーワード晋[魏晋南北朝]晋(中国の王朝)武帝[西晋]三国時代司馬炎戸調式均田法限田説

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android