印可状(読み)いんかじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

印可状
いんかじょう

真言密教で奥義の秘法を師から相承することを印可または許可といい,印可の証状が印可状である。禅宗では印可証明とも称し禅の蘊奥をきわめたことの証明としての師の肖像とともに弟子に付与される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の印可状の言及

【墨跡】より

…珍重すべきものだが,現存する墨跡はごく少ない。(e)印可状 師匠が弟子に,禅学修行の認可証明として書き与えるもの。現存する墨跡は少なく,圜悟克勤が虎丘紹隆に与えた印可状(桐製の筒に入って薩摩坊津に漂流渡来したと伝えるので〈流れ圜悟〉の名がある)はその最も著名なものである。…

※「印可状」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android