コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

認可状 にんかじょう exequatur

3件 の用語解説(認可状の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

認可状
にんかじょう
exequatur

領事を接受した国家が,その任務遂行の資格を認めるために与える文書。派遣国から領事に交付された委任状が接受国に受理され,接受国の元首 (あるいは外務大臣) から認可状が与えられたときに,領事の派遣,接受が完了し,職務が正式に開始される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にんか‐じょう〔‐ジヤウ〕【認可状】

他国のある人を領事として受け入れることを認める国家の文書。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

認可状
にんかじょう
exequatur

外国からある人物を領事機関の長として受け入れる場合に、接受国がその任務の遂行を承認して発行する承認状のこと。認可状によって、派遣国の領事に正式の資格を認め、自由にその任務を遂行することを許し、領事特権が認められることになる。領事機関の長を派遣する場合には、外交使節のようにアグレマンを求める必要はなく、長は、自分の資格を証明し、氏名、種類および階級、領事管轄区域、領事機関所在地を示した委任状を派遣国から与えられ、委任状は、外交経路を通じて接受国に送られ、これに対応して接受国が発行するのが認可状である。なお、一定の理由があって認可状が撤回されると、当該領事の任務は終了する。[広部和也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

認可状の関連キーワード解任状国家と革命領事主任総領事遂行接受国任務国家資格介護福祉士資格

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

認可状の関連情報