コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印子 インシ

4件 の用語解説(印子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いん‐し【印子】

いんす(印子)

いん‐す【印子】

《「す(子)」は唐音
印子金」の略。
純良の金で作った製品。いんし。
「日比(ひごろ)立ち入る家に―の獅子の香炉あり」〈浮・昼夜用心記〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いんし【印子】

いんす【印子】

〔「す」は唐音〕
みんから輸入された、よく精錬された純金塊。舟形で一個の重量は400グラム 前後という。豊臣秀吉や徳川家康の貯蔵金となった。印子金。
純金製の品物。 「印金の幕、-の狸百疋/浮世草子・好色敗毒散」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

印子の関連情報