コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印子金 インスキン

2件 の用語解説(印子金の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いんす‐きん【印子金】

近世初期、中国から輸入した良質の金塊。1個約100匁(もんめ)(375グラム)で、側面からの形状によって舟印子・花印子などとよんだ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いんすきん【印子金】

江戸時代に,中国から輸入した金塊をいう。その多くは,18世紀半ば以降輸入されたもので,1763年(宝暦13)から天明(1781‐89)末年の間に,足赤金62貫匁余,九呈金24貫匁余,八呈金40貫匁余にのぼった。これとともに銀も輸入され,これらの金銀は貨幣改鋳の素材とされたが,この金銀輸入政策は,田沼意次の積極政策として高く評価されている。【佐々木 潤之介

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

印子金の関連キーワード外材回青小蔓正音唐木綿南京米輸入品服綸準内地米小豆島のオリーブ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone