コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印子金 インスキン

2件 の用語解説(印子金の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いんす‐きん【印子金】

近世初期、中国から輸入した良質の金塊。1個約100匁(もんめ)(375グラム)で、側面からの形状によって舟印子・花印子などとよんだ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いんすきん【印子金】

江戸時代に,中国から輸入した金塊をいう。その多くは,18世紀半ば以降輸入されたもので,1763年(宝暦13)から天明(1781‐89)末年の間に,足赤金62貫匁余,九呈金24貫匁余,八呈金40貫匁余にのぼった。これとともに銀も輸入され,これらの金銀は貨幣改鋳の素材とされたが,この金銀輸入政策は,田沼意次の積極政策として高く評価されている。【佐々木 潤之介

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone