印象広告(読み)いんしょうこうこく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

印象広告
いんしょうこうこく

人間の感性に訴えて企業イメージや商品ブランドについて好ましい記憶をもたせ,それを持続させるための広告手法。説明,説得によって直接的に商品を売ろうとする説得広告の対。狭義には商品名印象の累積効果をねらった「商品名印象広告」をさすこともある。ただ,その商品名も好ましい印象とともに想起されることが広告の目的なので,継続的に企業や商品のイメージアップをはかることが望まれる。テレビのスポットCMは,映像的な印象とともに商品名告知を頻繁に露出できることから,最も印象広告的であるといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

印象広告
いんしょうこうこく
impression advertising

人の感性に訴える印象度の強い広告をいう。説得広告に対置するもので、すなわち、説得広告が商品の説明、説得に重点を置き、ただちに販売に結び付けようとするのに対し、印象広告は商品や企業について好ましいイメージを消費者に植え付け、その知名度と親近感を高めることによって究極的に販売の促進を図ろうとする。前者がハード・セルhard sellの広告とすれば、後者はソフト・セルsoft sellの広告といえよう。近年の日本のテレビ広告ではこの印象広告が支配的な潮流となっている。これは、テレビ広告の放映時間がきわめて短くて説得に適さないことと、日本人の国民性が感性的表現を好むためと解される。ただし印象広告とよぶよりも、最近はイメージ広告、フィーリング広告、ムード広告、モノばなれ広告などとよぶのが一般的である。[豊田 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android