コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印象広告 いんしょうこうこく

2件 の用語解説(印象広告の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

印象広告
いんしょうこうこく

人間の感性に訴えて企業イメージ商品ブランドについて好ましい記憶をもたせ,それを持続させるための広告手法。説明,説得によって直接的に商品を売ろうとする説得広告の対。狭義には商品名印象の累積効果をねらった「商品名印象広告」をさすこともある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

印象広告
いんしょうこうこく
impression advertising

人の感性に訴える印象度の強い広告をいう。説得広告に対置するもので、すなわち、説得広告が商品の説明、説得に重点を置き、ただちに販売に結び付けようとするのに対し、印象広告は商品や企業について好ましいイメージを消費者に植え付け、その知名度と親近感を高めることによって究極的に販売の促進を図ろうとする。前者がハード・セルhard sellの広告とすれば、後者はソフト・セルsoft sellの広告といえよう。近年の日本のテレビ広告ではこの印象広告が支配的な潮流となっている。これは、テレビ広告の放映時間がきわめて短くて説得に適さないことと、日本人の国民性が感性的表現を好むためと解される。ただし印象広告とよぶよりも、最近はイメージ広告フィーリング広告、ムード広告、モノばなれ広告などとよぶのが一般的である。[豊田 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

印象広告の関連キーワード商品ブランドイメージキャラクターブランドイメージイメージアドイメージキャンペーンイメージストラテジーイメージメーカーイメージリサーチコーポレートイメージプロダクトイメージ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone