危ぶむ(読み)アヤブム

デジタル大辞泉の解説

あやぶ・む【危ぶむ】

[動マ五(四)]事の成り行きが、悪い結果になるのではないかと不安に思う。あぶないと思う。「交渉の成立を―・む」「卒業が―・まれる」
[動マ下二]あやうくする。苦しめる。
「国家を既に―・めんとす」〈平家・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あやぶむ【危ぶむ】

( 動五[四] )
よくない結果になりはしないかと心配する。危ないと思う。 「前途を-・む」
望ましい状態が実現しそうもないと思う。 「この成績では進級も-・まれる」
( 動下二 )
危ない状態にする。 「国家を-・めんとする物/平家 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

危ぶむの関連情報