コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵歯 らんしegg tooth

翻訳|egg tooth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

卵歯
らんし
egg tooth

卵生の動物の孵化するとき,卵殻卵膜を破る突起哺乳類の単孔目,鳥類爬虫類昆虫類 (コオロギバッタなど) の胚が孵化するとき,口吻の上にできる硬い組織。孵化後退化する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の卵歯の言及

【歯】より

…ハリモグラでは,孵化(ふか)する前に上あごの前端正中部に無対の1本の歯が生ずる。これは殻を破るのに用いられるので〈卵歯egg tooth〉と呼ばれ,孵化後に脱落する。その後はまったく歯をもたず,アリやシロアリを常食とする。…

【孵化】より

…また家禽などでは人工孵化が行われる。孵化に際して卵膜を破るのに機械的な力を用いる例としては,単孔類,鳥類,爬虫類,昆虫類(コオロギ,トンボ,ノミなど)の胚に見られる卵歯egg toothがある。これは胚の口吻部や胚をおおう膜上にできる固い突起で,これで卵殻を破る。…

※「卵歯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

卵歯の関連キーワードハブワニカメ卵生

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android