厚岸草(読み)アッケシソウ

大辞林 第三版の解説

あっけしそう【厚岸草】

アカザ科の一年草。高さ20センチメートルほどで、多数の枝を対生する。葉は鱗片状に退化。緑色の茎は多肉質で、秋になると紅紫色に変わる。花は小形。北海道および四国の一部の海浜に自生する。北海道厚岸の牡蠣島かきじまで発見された。ヤチサンゴ。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あっけし‐そう ‥サウ【厚岸草】

〘名〙 アカザ科の一年草。北海道、四国の一部の塩水をかぶる砂地や塩性の湿地に生える。高さ一五~二〇センチメートル。主茎は直立し、多数の枝を対生。茎は濃緑色の多肉質の円柱形、葉は鱗片状に退化して関節部に対生し緑色の茎がサンゴのような紅紫色となる。北海道厚岸湾の牡蠣島(かきじま)で発見された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android