コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厚田雄春 あつた ゆうはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

厚田雄春 あつた-ゆうはる

1905-1992 昭和時代の映画カメラマン。
明治38年1月1日生まれ。大正13年松竹蒲田(かまた)撮影所にはいり,のち撮影監督となる。「麦秋」「彼岸花」など小津安二郎監督のほとんどの作品の撮影を担当した。平成4年12月7日死去。87歳。兵庫県出身。海城中学卒。著作に「小津安二郎物語」(共著)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あつたゆうはる【厚田雄春】

1905~1992) 映画カメラマン。東京生まれ。「東京物語」「麦秋」など小津安二郎とのコンビが有名。他に「戸田家の兄妹」「晩春」「ここに幸あり」「彼岸花」「秋刀魚の味」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の厚田雄春の言及

【小津安二郎】より

…E.ルビッチをはじめとするアメリカの作家たちへの偏愛は,《その夜の妻》(1930)や《非常線の女》(1932)のごとき無国籍的犯罪映画の佳作を生んだが,坂本武を主演に迎えた《出来ごころ》(1933)の成功で,庶民的な哀感の世界を描いた〈喜八物〉に転じ,《浮草物語》(1934)や《東京の宿》(1935)を発表。茂原英雄によるトーキー技術の開発を待ってサイレントを撮り続けたが,《一人息子》(1936)で音響の世界に接し,大船の新撮影所で,新たなカメラマン厚田雄春とともに《戸田家の兄妹》(1941)や《父ありき》(1942)で〈小津調〉を確立。戦後は笠智衆と原節子とを主演に迎えた《晩春》(1949),《麦秋》(1951),《東京物語》(1953)が名高いが,いずれも野田高梧との共同脚本。…

【東京物語】より

…白黒スタンダード。脚本は監督自身と名コンビの野田高梧,撮影は《戸田家の兄妹》(1941)以来常連の厚田雄春,音楽はこの作品から常連になる斎藤高順。地方から上京した老夫婦(笠智衆,東山千栄子)が血縁の子どもたちの家に快く迎えられず,逆に戦死した息子の嫁(原節子)にもてなされるという題材は,アメリカ映画《明日は来らず》(レオ・マッケリー監督,1937)に想を得たものといわれるが,召集中の小津はその映画を見ておらず,それは野田高梧の脚本に影響を与えたにとどまる。…

【晩春】より

…戦後の小津が脚本家の野田高梧(1893‐1968)と組んで原節子を初めて主演に迎えた記念すべき作品。撮影は小津との名コンビで知られる厚田雄春(ゆうはる)(1905‐92)で,笠智衆(1904‐93)が婚期の娘をもつやもめの父親役という戦後の小津映画のパターンを作った。父と娘との近親相姦的とも思える愛情を端正な画調で巧みに緩和し,あたかも欲望を超越したかのごとき雰囲気を出すことに成功した小津は,《父ありき》(1942)以来の片親の主題を,のちに《秋日和》(1960),《秋刀魚の味》(1962)などで変奏する基礎を築いた。…

※「厚田雄春」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

厚田雄春の関連キーワードおとこ大学 新婚教室我が家は楽し風の中の牝鶏あの丘越えて戸田家の兄妹小津 安二郎秋刀魚の味長屋紳士録残菊物語東京物語昭和時代お早よう父ありき東京暮色秋刀魚秋日和コンビ兄妹早春晩春