厚角組織(読み)こうかくそしき

日本大百科全書(ニッポニカ)「厚角組織」の解説

厚角組織
こうかくそしき

厚角細胞からなる組織で、植物体を強固にする機械組織の一種。主として草本双子葉植物葉柄、あるいは身の中央脈上の表皮のすぐ内側などに存在し、屈折に対する抵抗性を強くする。厚角細胞は、通常、器官の長軸方向に細長く原形質を含むが、その顕著な特徴は、数個の細胞が互いに隣接する角(かど)の部分で細胞壁がとくに肥厚していることである。肥厚部分は主としてセルロースとペクチン質からなり、また水分を含んでいる。

[相馬研吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「厚角組織」の解説

こうかく‐そしき【厚角組織】

〘名〙 厚角細胞が集合してできた組織。機械組織で、ふつうは茎の表皮下に環状にある。植物体の屈折抵抗性を強くする。草本性の双子葉植物に発達

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「厚角組織」の解説

こうかく‐そしき【厚角組織】

植物の機械組織の一。厚角細胞が集まったもので、茎や葉の表皮下などにあり、屈折に対する抵抗力を強める役割がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「厚角組織」の解説

こうかくそしき【厚角組織 collenchyma】

厚い一次壁をもつ生きた細胞からなる植物の組織の一つ。機械的に植物体を支持する機能をもつ組織で,細胞のかどの部分でとくに厚いなど,細胞壁の厚さが不均一なことが多いので厚角組織とよばれる。厚い二次壁をもつ細胞からなる組織は厚壁組織といい,厚角組織と区別する。厚角組織は茎の周辺部などに分化し,若い植物体の地上部の支持に関係することが多く,また,葉柄やおもな葉脈に沿って分化して,葉を茎のまわりに支持し,葉面を平面状に保つなどの役割に関係することが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の厚角組織の言及

【厚壁組織】より

…従来は厚膜組織といわれたが,cell wallの訳語が細胞膜から細胞壁に変更されたのに伴い厚壁組織と呼ばれるようになった。厚い一次壁をもつ細胞からなる組織は厚角組織といい,厚壁組織と区別する。厚壁組織は植物体が若いときにはあまり目だたないが,しだいに分化してくる。…

※「厚角組織」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる