原勤堂(読み)はら きんどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原勤堂 はら-きんどう

1825-1896 幕末-明治時代の医師。
文政8年4月18日生まれ。能登(のと)(石川県)の人。七尾安田竹荘,のち大坂の緒方洪庵(こうあん)らにまなぶ。眼科術をおさめて帰郷,家塾をひらく。嘉永(かえい)7年(1854)羽咋(はくい)郡の北野芸州と能登地方最初の牛種痘をおこなった。明治29年1月28日死去。72歳。名は碩。字(あざな)は子徳。通称は省蔵。別号に二松。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android