コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原勤堂 はら きんどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原勤堂 はら-きんどう

1825-1896 幕末-明治時代の医師。
文政8年4月18日生まれ。能登(のと)(石川県)の人。七尾の安田竹荘,のち大坂の緒方洪庵(こうあん)らにまなぶ。眼科術をおさめて帰郷,家塾をひらく。嘉永(かえい)7年(1854)羽咋(はくい)郡の北野芸州と能登地方最初の牛種痘をおこなった。明治29年1月28日死去。72歳。名は碩。字(あざな)は子徳。通称は省蔵。別号に二松。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

原勤堂の関連キーワード深刻小説アレクサンドル岩漿アレクサンドルジャワ戦争通航一覧バラッド市川代治郎大迫貞清増田繁幸

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone