コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原古志稽 げんこ しけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原古志稽 げんこ-しけい

1401-1475 室町時代の僧。
応永8年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都の人。阿波(あわ)(徳島県)の守護をつとめる細川家の出身。同家菩提寺である山城(京都府)紹宏院の簡翁志敬の法をつぐ。真言密教,法相(ほっそう)もまなび,景徳寺,等持寺住持をつとめる。応仁の乱後は阿波の桂林寺にうつった。文明7年3月15日死去。75歳。著作に「大施餓鬼集類分解」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

原古志稽の関連キーワード室町時代

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android