コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

必須元素 ヒッスゲンソ

デジタル大辞泉の解説

ひっす‐げんそ【必須元素】

生物の生存にとって必要不可欠で、外部から特に摂取しなければならない元素炭素水素酸素窒素リン硫黄(いおう)カリウムマグネシウムカルシウムナトリウムケイ素マンガン亜鉛コバルトモリブテンホウ素ヒ素ヨウ素など。動物と植物では異なり、また、炭素や酸素など必要量が多い多量必須元素と、ヒ素やヨウ素など必要量が少ない微量必須元素とがある。必要元素不可欠元素

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひっすげんそ【必須元素 essential element】

生物を分析すると50種類以上の元素が含まれているが,そのすべての元素が生物の生育に必要というわけではない。生物の生育に必要とされる元素を必須元素というが,現在,必須元素と一般に認められ,科学的にも証明されているものは,植物と動物では異なるが,植物の場合は炭素C,水素H,酸素O,窒素N,カリウムK,カルシウムCa,硫黄S,マグネシウムMg,リンP,鉄Fe,マンガンMn,亜Zn,銅Cu,モリブデンMo,塩素Cl,ホウ素Bの16種類である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

必須元素
ひっすげんそ

植物や動物の生育や生存にとって必要不可欠な元素。今日までに必須性の証明されている元素は、植物では炭素、酸素、水素、窒素、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、硫黄(いおう)、塩素、鉄、マンガン、亜鉛、ホウ素、銅、モリブデンの16種である。前記のうち、炭素から硫黄までは必要量が多く多量要素とよばれている。これに対し、塩素以下は必要量が少なく微量要素とよぶ。必須性の証明は、植物の場合厳密な水耕実験などの生育実験や生体反応実験において重要な役割を演じており、ほかの元素では代替されないなど機能面からなされる。植物体中に普遍的に検出される元素は40種類以上あるが、ある元素が生物体中に存在してもそれが必須元素とは限らない。必須元素以外の元素で今後必須性が証明される可能性もある。また、必須性が証明されていない元素でも、ナトリウム、ケイ素、アルミニウム、セレン、ニッケル、コバルトなどある特定の植物の生育に有益な影響を与える元素があり、これを有用元素という。必須元素は植物と動物では異なっており、動物ではホウ素は必須ではないが、ナトリウム、ヨウ素、セレン、クロム、スズ、バナジウム、フッ素、ケイ素、ニッケル、ヒ素が必須元素として追加される。[小山雄生]
『山崎耕宇・杉山達夫・高橋英一・茅野充男・但野利秋・麻生昇平著『植物栄養・肥料学』(1993・朝倉書店) ▽今井弘著『生体関連元素の化学』(1997・培風館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の必須元素の言及

【栄養素】より

…【佃 弘子】
【植物】
 植物は有機化合物を利用することができるが,自然状態ではふつう外界から有機化合物は取らず,無機化合物を取り植物体内で有機化合物を合成する。植物の正常な生長には炭素C,酸素O,水素H,窒素N,リンP,カルシウムCa,カリウムK,マグネシウムMg,硫黄S,鉄Fe,亜鉛Zn,マンガンMn,銅Cu,ホウ素B,モリブデンMo,塩素Clの合計16種類の元素が必要で,これらは必須元素とよばれる。これらの元素はいずれも無機化合物の形で取り込まれる。…

※「必須元素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

必須元素の関連キーワードグルタチオンペルオキシダーゼセレン欠乏症ゲルマニウムリン(元素)アンチモンルビジウムホウ素欠乏バナジウム極微量元素ミネラルリチウムニッケルプレス塩バリウムフッ素クロムセレン沃素

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android