コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原担山 はらたんざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原担山
はらたんざん

[生]文政2(1819).10.18. 磐城
[没]1892.7.27.
曹洞宗の。江戸の昌平黌で儒学を学び,また医学を修めた。のち曹洞宗の僧となり,1879年東京大学の和漢文学科で仏典の講義を行い,これが同大学の印度哲学科の端緒となった。 91年曹洞宗大学林 (現駒澤大学) 総監著作は『心識論』『心性実験録』など多数あり,『担山和尚全集』に収められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android