原版(読み)ゲンパン

大辞林 第三版の解説

げんぱん【原版】

印刷で、鉛版などに対して、そのもとになる活字組版。
彫刻された版木。
複製・翻刻のもととする版。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

原版

製版,復刻版などのもとになった版.元版(もとはん)ともいう.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

げん‐ぱん【原版】

〘名〙
① 文字や絵を彫り込んだ版木。また、活版印刷で鉛版紙型のもとになる活字組版。〔新らしい言葉の字引(1918)〕〔書林清話‐坊估宋元刻之作偽〕
② 複製、翻刻、写真印刷などを作成するもとになる版。
③ 書物などの最初の版。初版
※読書放浪(1933)〈内田魯庵〉出版上の道徳「古書の複製覆刻は必ず原版から直接翻印するを絶対要件とする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原版の関連情報