コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原狂斎 はら きょうさい

2件 の用語解説(原狂斎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

原狂斎

江戸後期の書家。淡路生。名は公逸、字は飛卿、通称は沖蔵。峰順賀の老臣。井上金峨の門に儒を学ぶ。晩年禅理を修め、僧となり名を修真と改めた。寛政2年(1790)歿、70才。(一説に56才)

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原狂斎 はら-きょうさい

1735-1790 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)20年生まれ。江戸で井上金峨(きんが)に折衷学をまなび,塾をひらく。晩年は禅に傾倒し,僧形となって修真道人と称した。寛政2年4月20日死去。56歳。淡路(あわじ)(兵庫県)出身。名は公逸。字(あざな)は飛卿。通称は豹蔵。著作に「学庸私衡」「原子」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone