コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原田三郎右衛門 はらだ さぶろうえもん

2件 の用語解説(原田三郎右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原田三郎右衛門 はらだ-さぶろうえもん

?-1740 江戸時代中期の農民。
対馬(つしま)(長崎県)の人。陶山鈍翁(すやま-どんおう)の感化をうける。正徳(しょうとく)5年(1715)ひそかに薩摩(さつま)からサツマイモの種芋をもちかえり,対馬府中藩にねがいでて全島にその栽培をひろめる。この功績により,耕作者から徴収された運上金を藩からあたえられ,孝行芋屋の屋号をゆるされた。元文5年8月死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

原田三郎右衛門

没年:元文5(1740)
生年:生年不詳
江戸中期,対馬での甘藷栽培,普及の功労者。対馬国(長崎県)上県郡仁田村久原の貧農の次男。薩摩(鹿児島県)から対馬に甘藷をもたらした人物として知られる。正徳5(1715)年,薩摩国に潜入して甘藷の栽培技術を習得。ひそかに芋種を対馬に持ち帰り,故郷久原で試植に成功した。さらに対馬藩に願い出て津柳村(上県郡峰町)に甘藷を移植。藩では甘藷を孝行芋と称してその栽培を奨励,ほどなく全島に普及をみた。その功により対馬藩では,妻子のない三郎右衛門に,甘藷の作人から孝行芋銭の取り立てを認め,この合力銀が,もっぱら彼の生計を支えた。<参考文献>『新対馬島誌』『長崎県史・藩政編』

(葉山禎作)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原田三郎右衛門の関連キーワード中村宗哲(11代)旧労勲章年金甘藷甘藷先生赤沢仁兵衛白土松吉多田左膳野国総管前田利右衛門

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原田三郎右衛門の関連情報