コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陶山鈍翁 スヤマドンオウ

5件 の用語解説(陶山鈍翁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すやま‐どんおう〔‐ドンヲウ〕【陶山鈍翁】

陶山訥庵

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

陶山鈍翁 すやま-どんおう

1658*-1732 江戸時代前期-中期の儒者。
明暦3年11月28日生まれ。対馬(つしま)(長崎県)府中藩士。木下順庵にまなび,朝鮮支配佐役,郡奉行をつとめる。島のイノシシを退治し,サツマイモを移入,農業を振興した。享保(きょうほう)17年6月24日死去。76歳。名は存(ながろう)。字(あざな)は士道。通称は庄右衛門。別号に訥庵(とつあん)。著作に「農政問答」「老農類語」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

すやまどんおう【陶山鈍翁】

1657‐1732(明暦3‐享保17)
近世中期の儒者,対馬藩士。名は存(ながろう),字は庄右衛門,訥庵とも号した。対馬藩府中城下に生まれ,幼にして京都の木下順庵に学び,17歳で帰国。学者として活躍し,登用されて郡奉行となる。当時島内の焼畑農業の大敵であった野猪8万頭の絶滅に成功した。引退後は宿願の焼畑農業の改善をはかるため《土穀談》《老農類語》等,多数の著作に励んだ。【山田 竜雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すやまどんおう【陶山鈍翁】

1657~1732) 江戸中期の儒者。通称、庄右衛門、別号、訥庵。対馬つしま藩の儒医の子として生まれ、木下順庵に学ぶ。対馬藩の農業振興に尽力。著「老農類語」「水利問答」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陶山鈍翁
すやまどんおう
(1657―1732)

江戸中期の儒者、農政家。名は存(ながらう)、通称庄右衛門(しょうえもん)。鈍翁のほか、士道(しどう)、訥庵(とつあん)とも号した。明暦(めいれき)3年11月28日、対馬(つしま)藩の儒医の子として府中(ふちゅう)に生まれる。寛文(かんぶん)年中(1661~1673)江戸に出て木下順庵(きのしたじゅんあん)に学び、のち大和(やまと)に赴き心学を修めた。1673年(延宝1)帰国して藩に仕え、1680年家督を嗣(つ)ぎ100石を知行(ちぎょう)。1685年(貞享2)に『宗氏家譜』の編纂(へんさん)に従事、1698年(元禄11)久留米(くるめ)藩との筑後(ちくご)川境争いを解決し、その功により禄(ろく)50石を加増され、翌1699年郡奉行(こおりぶぎょう)となる。1700年(元禄13)より猪害(ちょがい)駆除に努力、10余年で数万頭のイノシシを除き、農業振興や対朝鮮貿易の増大に努めた。1708年(宝永5)郡奉行を辞し、同年3月に隠退し著述に従事。『水利問答』(1722ころ)『農政問答』(1716~1736ころ)など120余の著書をなす。享保(きょうほう)17年6月24日病没。対馬府中の修善庵に葬られる。[長野 暹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の陶山鈍翁の言及

【老農類語】より

陶山鈍翁が1722年(享保7)に編集した農業指導書。鈍翁は対馬藩の郡奉行をつとめ“対馬聖人”と善政をたたえられた。…

※「陶山鈍翁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

陶山鈍翁の関連キーワード二条綱平常行浅野長恒大坂伝蔵お伝の方藤林宗理別宗祖縁細川興栄和田東潮

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone