コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陶山鈍翁 スヤマドンオウ

デジタル大辞泉の解説

すやま‐どんおう〔‐ドンヲウ〕【陶山鈍翁】

陶山訥庵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

陶山鈍翁 すやま-どんおう

1658*-1732 江戸時代前期-中期の儒者。
明暦3年11月28日生まれ。対馬(つしま)(長崎県)府中藩士。木下順庵にまなび,朝鮮支配佐役,郡奉行をつとめる。島のイノシシを退治し,サツマイモ移入,農業を振興した。享保(きょうほう)17年6月24日死去。76歳。名は存(ながろう)。字(あざな)は士道。通称は庄右衛門。別号訥庵(とつあん)。著作に「農政問答」「老農類語」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すやまどんおう【陶山鈍翁】

1657‐1732(明暦3‐享保17)
近世中期儒者対馬藩士。名は存(ながろう),字は庄右衛門,訥庵とも号した。対馬藩府中城下に生まれ,幼にして京都の木下順庵に学び,17歳で帰国。学者として活躍し,登用されて郡奉行となる。当時島内の焼畑農業の大敵であった野猪8万頭の絶滅に成功した。引退後は宿願の焼畑農業の改善をはかるため《土穀談》《老農類語》等,多数の著作に励んだ。【山田 竜雄】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すやまどんおう【陶山鈍翁】

1657~1732) 江戸中期の儒者。通称、庄右衛門、別号、訥庵。対馬つしま藩の儒医の子として生まれ、木下順庵に学ぶ。対馬藩の農業振興に尽力。著「老農類語」「水利問答」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陶山鈍翁
すやまどんおう
(1657―1732)

江戸中期の儒者、農政家。名は存(ながらう)、通称庄右衛門(しょうえもん)。鈍翁のほか、士道(しどう)、訥庵(とつあん)とも号した。明暦(めいれき)3年11月28日、対馬(つしま)藩の儒医の子として府中(ふちゅう)に生まれる。寛文(かんぶん)年中(1661~1673)江戸に出て木下順庵(きのしたじゅんあん)に学び、のち大和(やまと)に赴き心学を修めた。1673年(延宝1)帰国して藩に仕え、1680年家督を嗣(つ)ぎ100石を知行(ちぎょう)。1685年(貞享2)に『宗氏家譜』の編纂(へんさん)に従事、1698年(元禄11)久留米(くるめ)藩との筑後(ちくご)川境争いを解決し、その功により禄(ろく)50石を加増され、翌1699年郡奉行(こおりぶぎょう)となる。1700年(元禄13)より猪害(ちょがい)駆除に努力、10余年で数万頭のイノシシを除き、農業振興や対朝鮮貿易の増大に努めた。1708年(宝永5)郡奉行を辞し、同年3月に隠退し著述に従事。『水利問答』(1722ころ)『農政問答』(1716~1736ころ)など120余の著書をなす。享保(きょうほう)17年6月24日病没。対馬府中の修善庵に葬られる。[長野 暹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

陶山鈍翁 (すやまどんおう)

生年月日:1657年11月28日
江戸時代前期;中期の儒学者
1732年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の陶山鈍翁の言及

【老農類語】より

陶山鈍翁が1722年(享保7)に編集した農業指導書。鈍翁は対馬藩の郡奉行をつとめ“対馬聖人”と善政をたたえられた。…

※「陶山鈍翁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

陶山鈍翁の関連キーワード原田三郎右衛門阿比留嘉兵衛大浦忠左衛門生年月日陶山儒医

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android