原糸体(読み)ゲンシタイ

世界大百科事典 第2版の解説

げんしたい【原糸体 protonema】

糸状体ともいう。コケ植物において,胞子の発芽後に形成される配偶体の初期段階で,ふつう分枝した1細胞列の糸状または多細胞性の塊状で,ごく小さくて目だたない。原糸体に芽が生じ,それが発達して配偶体の成体(われわれが普通に見るコケの植物体)となる。大部分のコケでは原糸体上の芽が発達するとともに,原糸体自体は枯れて消えうせるが,ハミズゴケ,キセルゴケなどのごく一部のコケでは長く宿存して光合成を行い続ける。原糸体は蘚(せん)類ではよく発達し,ふつう多数の芽を生じるが,苔(たい)類ではあまり発達せず,ふつう1個の芽を生じる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

げんしたい【原糸体】

コケ植物・シダ植物の胞子が発芽後に形成する糸状の配偶体。発達して造卵器・造精器をつくる。糸状しじよう体。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原糸体
げんしたい

コケ植物、シダ植物の胞子が発芽して形成する糸状の植物体をいう。シダ植物や、コケ植物のなかの苔類(たいるい)の原糸体は、数細胞からなり、枝分れもしないのが普通であるが、コケ植物のなかのマゴケ類では原糸体がよく発達し、多数の枝分れをする。シダ植物や苔類では、原糸体の先端の細胞が分化して発達していくが、マゴケ類では枝分れした原糸体のところどころに、別に芽が形成され、これから普通の植物体が発達してくる。[井上 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の原糸体の言及

【コケ植物(苔植物)】より

…維管束植物では,普通に見る植物体が胞子体であり,配偶体は小さくて目だたない。 胞子が発芽して糸状または塊状の原糸体protonemaとなる。やがて原糸体に芽が生じ,それが大きく発達して配偶体ができ上がる。…

【コケ植物(苔植物)】より

…維管束植物では,普通に見る植物体が胞子体であり,配偶体は小さくて目だたない。 胞子が発芽して糸状または塊状の原糸体protonemaとなる。やがて原糸体に芽が生じ,それが大きく発達して配偶体ができ上がる。…

※「原糸体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android