原鶴[温泉](読み)はらづる

世界大百科事典 第2版の解説

はらづる【原鶴[温泉]】

福岡県朝倉郡杷木(はき)町,筑後川中流にある温泉。単純泉,45℃。昔,河畔でツルが傷をいやしているところを里人が見て温泉を発見したという伝説がある。古くから行われる鵜飼いが有名で,耶馬日田英彦山(やばひたひこさん)国定公園に含まれる。国道386号線が通り,久大本線筑後吉井駅および福岡市,久留米市などからバスが通じる。対岸に吉井温泉(単純泉,44~50℃),上流約3kmに筑後川温泉がある。【土井 仙吉】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android