コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杷木 はき

2件 の用語解説(杷木の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杷木
はき

福岡県中部,朝倉市南東部の旧町域。筑後川中流右岸にあり,大分県に接する。 1939年町制施行。 1951年松末村,久喜宮村,志波村の3村と合体。 2006年甘木市,朝倉町と合体して朝倉市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杷木
はき

福岡県中南部、朝倉(あさくら)郡にあった旧町名(杷木町(まち))。現在は朝倉市の南東部を占める。旧杷木町は1939年(昭和14)町制施行。1951年(昭和26)松末(ますえ)、久喜宮(くぐみや)、志波(しわ)の3村と合併。2006年(平成18)朝倉町、甘木(あまぎ)市と合併し朝倉市となった。旧杷木町域は三郡(さんぐん)山地南東端の山地が広く分布、南境沿いを西流する筑後(ちくご)川右岸に小沖積低地が開け、国道386号が通じ、大分自動車道杷木インターチェンジがある。古来日田(ひた)(大分県)に通じる重要交通路に位置し、宿場、市場町として栄えた。主産業は稲作を中心とした農業で、山麓(さんろく)部ではブドウ、ナシ、カキなどの果樹栽培が行われ、木材、竹製品、シイタケなども産する。国の天然記念物である久喜宮のキンメイチク、史跡の杷木神籠石(こうごいし)をはじめ、大石堰(おおいしぜき)、普門(ふもん)院(本堂、十一面観音像は国指定重要文化財)、円清(えんせい)寺(銅鐘は国指定重要文化財)などが著名で、筑後川べりの原鶴(はらづる)温泉一帯は耶馬日田英彦山(やばひたひこさん)国定公園に含まれる。阿蘇(あそ)神社の奇祭「泥打祭」は県の無形民俗文化財に指定されている。[石黒正紀]
『『杷木町史』(1981・杷木町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

杷木の関連情報