参加引受け(読み)さんかひきうけ

世界大百科事典 第2版の解説

手形の満期前に遡求(そきゆう)原因(引受拒絶,支払人の破産支払停止など)が生じたときに,遡を阻止するために,遡求義務者の一人(被参加人)のためこの者と同一の義務を負担する手形行為手形法56条以下で為替手形についてのみ規定されているが,約束手形にもなしうるとの解釈が有力である。参加引受けは為替手形支払人(約束手形振出人)以外の者ならだれでもできる。手形上に被参加人を表示し,〈参加引受け〉〈何某に対する遡求を阻止するために〉など参加引受けである文言を記載して参加人が署名をする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android