参酌(読み)サンシャク

デジタル大辞泉の解説

さん‐しゃく【参酌】

[名](スル)他のものを参考にして長所を取り入れること。斟酌(しんしゃく)。「第三者の意見を参酌して適切な処置をとる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐しゃく【参酌】

〘名〙 照らし合わせてよいところをとること。斟酌(しんしゃく)。〔布令必用新撰字引(1869)〕
※植物小学(1881)〈松村任三訳〉緒言「此書は米人グレイ氏英人ホゥッカル氏等の植物書を纂訳し傍ら本邦の植物書を参せしものなり」 〔後漢書‐曹裒伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

参酌の関連情報