叉手草(読み)サデグサ

精選版 日本国語大辞典の解説

さで‐くさ【叉手草】

〘名〙
① タデ科の一年草。本州、四国、九州の原野の水辺などに生える。茎には逆刺があり、高さ四〇~一〇〇センチメートル。葉は互生し有柄で三つ叉に分かれた鏃(やじり)形。両面に小形の星状毛が密生している。さや状の托葉の先はひろがって円形となり、縁に鋸歯(きょし)がある。夏から秋にかけ枝先に淡紅白色の小花が集まった頭状の花穂をまばらにつける。みぞさでくさ。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android