コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石見川 イシミカワ

デジタル大辞泉の解説

いしみかわ〔いしみかは〕【石見川】

タデ科の一年草。畑や道端などの草地に生え、茎は半ば地上をはい、逆向きのとげで物にひっかかる。葉は三角形で、托葉をもつ。秋、淡緑色の小花を短い穂状につけ、果実は丸く、藍(あい)色の(がく)に包まれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いしみかわ【石見川】

タデ科の一年草。原野・路傍の草地に自生。つる性で、長さ2メートルに及ぶ。葉は互生し、三角状。茎・葉柄に逆向きのとげがある。夏、茎の先の円い托葉たくよう上に緑白色の花を数個つける。果実は球形で藍あい色。サデクサ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

石見川 (イシミカワ)

学名:Persicaria perfoliata
植物。タデ科の一年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

石見川の関連キーワード鳥取県日野郡日南町イシミカワサデクサ葉柄

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android