コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双数 ソウスウ

デジタル大辞泉の解説

そう‐すう〔サウ‐〕【双数】

ある種の言語にみられる、文法範疇(はんちゅう)としてのの一。目・手など常に対をなすもの、対をなす神々、さらに一般的に二つのものについて、これを示す特別の語形をもつ言語があり、その特別の語形をいう。サンスクリット・ギリシャ語など古い層の印欧語、インドのムンダ語、南アジアのモン‐クメール語などにみられる。多くの言語では複数の中に入れられ、日本語にも文法範疇としての双数はない。両数

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そうすう【双数】

〔dual number〕 古代印欧語などで、特に二個または一対のものを表す数。現代でもアラビア語や東南アジアなどの諸言語にみられる。両数。
二個あるいは一対の事物を普通の複数と区別する語法や、文法上の特徴。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の双数の言及

【数】より

…なおこれに複数接尾辞がつく場合は,kitaplarとなる)。 また言語によっては,単数・複数に加えて〈二つ〉をあらわすのに特別な形式をもつものがあり,これを双数あるいは両数と呼ぶ。インド・ヨーロッパ語ではギリシア語やサンスクリットにみられたが,現代語では消滅した。…

【数】より

…2は1に1を加えたものには違いないが,一方で2は対として1組という性格ももっている。さまざまな言語,とくに古代語の名詞において,単数,複数のほかに双数または両数dualという形をもつものがあり,多くはしだいに複数形に吸収されてしまうが,これらは単に1足す1としての2ではなく,〈対〉としての2が起源ではなかったかと考えられる。対となるものは私たちのまわりにはいくらでもある。…

※「双数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

双数の関連キーワードアメリカ・インディアン諸言語オーストラリア諸言語数(すう、言語学)プラークリット語サモエード語派母親からの分離ゲーリック語スロベニア語ヘブライ語スラブ語派ギリシア語ラトビア語アラビア語数(言語)野口かおるジジェクロシア語マンシ語大倉マヤ稲森みき

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android