(読み)ソウ

  • そう サウ
  • そう〔サウ〕
  • 双〔雙〕
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

[名]二つで一組みとなるものの、両方。ふたつ。「の肩」
[接尾]助数詞。一対のものを数えるのに用いる。「屏風(びょうぶ)一
常用漢字] [音]ソウ(サウ)(漢) [訓]ふた ならぶ
〈ソウ〉
ふたつ。ペア。「双肩双璧(そうへき)双方双翼双生児
二つならぶ。「無双
〈ふた〉「双子双葉
[難読]双六(すごろく)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① 相対するものが二つそろっていること。そろい。一対。二つ。
※人情本・貞操婦女八賢誌(1834‐48頃)六「怒の面色血ばしるまで、双(サウ)の眼を見開きて」
※花鏡(1424)舞声為根「然(しか)れば時の調子と者、四季に分ち、又夜昼十二時に、各々そう・黄(わう)・一越(こつ)・平・盤の、その時々にあたれり」
[2] 〘接尾〙
① 一対になっている物を数えるのに用いる。
※中右記‐寛治八年(1094)四月一二日「依殿下仰、調進斎院童女扇一双」
※徒然草(1331頃)六六「盛りなる紅梅の枝に、鳥一双を添へて」 〔史記‐項羽本紀〕
② 二人で行なう物事の組数を数えるのに用いる。
※古今著聞集(1254)一二「盃酌の後、囲碁ありけり。権右中弁朝隆朝臣〈略〉能忠等、二双つかうまつりける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android