(読み)そう

精選版 日本国語大辞典「双」の解説

そう サウ【双】

[1] 〘名〙
① 相対するものが二つそろっていること。そろい。一対。二つ。
※人情本・貞操婦女八賢誌(1834‐48頃)六「の面色血ばしるまで、双(サウ)の眼を見開きて」
※花鏡(1424)舞声為根「然(しか)れば時の調子と者、四季に分ち、又夜昼十二時に、各々そう・黄(わう)・一越(こつ)・平・盤の、その時々にあたれり」
[2] 〘接尾〙
① 一対になっている物を数えるのに用いる。
※中右記‐寛治八年(1094)四月一二日「依殿下仰、調進斎院童女扇一双」
徒然草(1331頃)六六「盛りなる紅梅の枝に、鳥一双を添へて」 〔史記‐項羽本紀〕
② 二人で行なう物事の組数を数えるのに用いる。
古今著聞集(1254)一二「盃酌の後、囲碁ありけり。権右中弁朝隆朝臣〈略〉能忠等、二双つかうまつりける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「双」の解説

そう【双〔雙〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ソウ(サウ)() [ふた ならぶ
ソウ
ふたつ。ペア。「双肩双璧そうへき双方双翼双生児
二つならぶ。「無双
〈ふた〉「双子双葉
難読双六すごろく

そう〔サウ〕【双】

[名]二つで一組みとなるものの、両方。ふたつ。「の肩」
[接尾]助数詞。一対のものを数えるのに用いる。「屏風びょうぶ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android