コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反噬 ハンゼイ

デジタル大辞泉の解説

はん‐ぜい【反×噬】

[名](スル)動物が恩を忘れて、飼い主にかみつくこと。転じて、恩ある人に背きはむかうこと。恩をあだで返すこと。
「人民の為に、―の患に陥らんことを慮り」〈竜渓経国美談

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はんぜい【反噬】

( 名 ) スル
〔「噬」は嚙む意〕
恩を受けた相手にさからうこと。 「人民の為に-の患に陥らんことを慮り/経国美談 竜渓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

反噬の関連キーワード繁・伴・凡・判・半・反・叛・坂・帆・拌・搬・攀・斑・板・氾・汎・煩・版・犯・班・畔・範・繁・般・藩・販・阪・頒・飯

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android