コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反対貿易風 はんたいぼうえきふうantitrade wind

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

反対貿易風
はんたいぼうえきふう
antitrade wind

貿易風東風)の上空の対流圏上層を流れる西寄りの風。冬に強く発達して,夏は明瞭ではない。熱帯地域で得た熱の極向きの輸送に大きな役割を果たしており,大気大循環の重要な一部をなす。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はんたい‐ぼうえきふう【反対貿易風】

熱帯地方の上空で、貿易風と反対方向に吹く風。赤道付近で上昇した空気が南北両極に向かって流れ、地球の自転のために、北半球では南西風、南半球では北西風になる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

反対貿易風の関連キーワードアボット・ローレンス ロッチ東風(ひがしかぜ)ロッチ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android