コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反音作法 はんおんさほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

反音作法
はんおんさほう

明覚著。1巻。寛治7 (1093) 年識。当時すでに反音 (→反切 ) の法が絶えていたために漢字音が乱れているのをみて,みずから五十音図を利用した,かなによる反切法を述べたもの。その五十音図は,段はアイウエオの順であるが,行の配列が現行のものと異なり,アカヤサタナラハマワの順に並んでいる。五十音図の歴史を知るうえに貴重な資料。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

はんおんさほう【反音作法】

韻学書。一巻。明覚みようがく著。1093年成立。五十音図を用いて正しい字音を導き出す方法を説いたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

反音作法の関連キーワード音韻学一巻

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android