コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反音 へんのん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

反音
へんのん

日本音楽の用語。雅楽では「かえりごえ」と読み, (りょ) の曲の次にの曲を演奏すること,またはその逆をいったが,現在では死語。「へんのん」というのは声明 (しょうみょう) における読み方で,天台,真言両声明に用いられるが,天台声明の場合はほぼ古代雅楽の用法に等しい。真言声明では,1曲中で他調に転調する意味をも含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はん‐おん【反音】

漢字の音を反切(はんせつ)によって示すこと。また、反切した音。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はんおん【反音】

漢字音を反切はんせつによって示すこと。また、反切の音。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

反音の関連キーワード五十音図仮名反し反音作法返り声音韻学五調子漢字音名語記明覚切韻賦物

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android