口が軽い(読み)クチガカルイ

大辞林 第三版の解説

くちがかるい【口が軽い】

物言いが軽率である。秘密などを不注意に口外する。 ⇔ 口が堅い
多弁である。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くち【口】 が 軽(かる・かろ)

何でもよくしゃべりたがって、言ってはいけないことまでも言いがちである。また、そのような性質である。また、多弁である。⇔口が堅い口が重い
洒落本・売花新駅(1777)楼上興「嵐酒様のおはかるい事でござります」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる