口を挟む(読み)クチヲハサム

精選版 日本国語大辞典の解説

くち【口】 を 挟(はさ)

① 人が話している途中に横からその話に割り込む。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉続「『否や』と、巡査が口を挿(ハサ)んだ」
※司令の休暇(1970)〈阿部昭〉二「自分の仕事に口をはさませないのはむろんのことだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

口を挟むの関連情報