口切(読み)くちきり

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① 容器などの口の封を切って初めてあけること。また、そのあけたばかりのもの。くちあけ。くちびらき。
※虎寛本狂言・千鳥(室町末‐近世初)「今度取て来たらば、汝に口切をさせうぞ」
② 陰暦一〇月の初め頃に、夏から封じておいた新茶のつぼを初めてあけること。また、その茶で催す茶会。《季・冬》 〔日葡辞書(1603‐04)〕
※咄本・醒睡笑(1628)八「後陽成院の御時、御口切(クチキリ)とて、御壺出でたりつるを」
③ 物事をし始めること。てはじめ。かわきり。くちあけ。
※浮世草子・世間娘容気(1717)五「糀町の乾物屋より口切して」
④ 取引所などで、売買成立の最初をいう。
[2] 〘副〙 容器などの口までたっぷりと物がはいっているさまを表わす語。
※歌舞伎・扇音々大岡政談(天一坊)(1875)序幕「残りの肴を重に詰め、酒も口(クチ)きりついで来ました」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の口切の言及

【茶事】より

…(6)不時 臨時の会,予約されていない,という場合と,食事の時刻をはずすという2通りの解釈がある。(7)口切 11月にその年の新茶を詰めてある茶壺の封を切って,その場で石臼でひいて供する。茶の湯の新年行事で最も重大視されている。…

※「口切」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android