コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口合(い) クチアイ

デジタル大辞泉の解説

くち‐あい〔‐あひ〕【口合(い)】

お互いの話がよく合うこと。あいくち。
間に立って口をきき、仲介をすること。また、その人。仲人。
「肝煎(きもい)り―ある内に、親元確かの判を取り」〈浄・傾城酒呑童子〉
しゃれ。地口(じぐち)。
「人の娘に怪我さして―所ぢゃあろまいがな」〈滑・膝栗毛・七〉
舌ざわり。口あたり。
「いかに石部も柔らかに、山屋とうふの―にて」〈洒・一事千金〉
話のもっていき方。
「あなたは以前から、我等がそやしつけて―覚えてゐるなれば」〈浮・禁短気・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の口合(い)の言及

【言語遊戯】より

…〈humanité〉(人間性)と〈animalité〉(獣性)を合成した〈humanimalité〉(獣人性)というフランス製のカバン語もある。(11)地口 〈秀句〉〈口合(くちあい)〉〈洒落(しやれ)〉ともいい,〈言いかけ〉〈掠(かす)り〉〈捩(もじ)り〉なども同様の技巧をさす。英語のパンpunにあたる。…

【地口】より

…成語に語呂を合わせたことばのしゃれ。京坂では口合(くちあい)といった。〈一富士二鷹三茄子(なすび)〉の諺をもじって,〈雪見に出たか三谷(さんや)舟〉という類。…

※「口合(い)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

口合(い)の関連キーワード語呂合わせ・語路合わせ・語呂合せ・語路合せライル(Martin Ryle)浜口 儀兵衛(10代目)サンタ・クルーズ諸島僭上ばる・僣上ばるガンビエル諸島山口 吉郎兵衛佐々木 駒之助リスボン条約宗門人別改帳マンガロール佐々木駒之助坂野 兼通電波干渉計電波望遠鏡電波天文学合成開口法言語遊戯総帰居士茨木長隆