口合(い)(読み)クチアイ

デジタル大辞泉の解説

くち‐あい〔‐あひ〕【口合(い)】

お互いの話がよく合うこと。あいくち。
間に立って口をきき、仲介をすること。また、その人。仲人。
「肝煎(きもい)り―ある内に、親元確かの判を取り」〈浄・傾城酒呑童子〉
しゃれ。地口(じぐち)。
「人の娘に怪我さして―所ぢゃあろまいがな」〈滑・膝栗毛・七〉
舌ざわり。口あたり。
「いかに石部も柔らかに、山屋とうふの―にて」〈洒・一事千金〉
話のもっていき方。
「あなたは以前から、我等がそやしつけて―覚えてゐるなれば」〈浮・禁短気・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

くち‐あい ‥あひ【口合】

〘名〙
① 互いの話がよく合うこと。また、そのようなもの言い。あいくち。〔俚言集覧(増補)(1899)〕
② 間に立って口をきき、保証をすること。仲介にたつこと。また、その人。保証人。仲人。
※山科家礼記‐文明九年(1477)五月二六日「又一貫五十文、らうそくや口あいの代」
③ 語呂を合わせた言葉のしゃれ。地口(じぐち)
※浄瑠璃・心中天の網島(1720)上「しただる樽の生醤油。花車様さらば後に青菜のひたし物と。口合たらだら立帰る」
※洒落本・一事千金(1778)序「いかに石部もやはらかに、山屋とうふの口あひにて」
⑤ 話のもっていき方。口のきき方。
浮世草子・傾城禁短気(1711)三「我等がそやしつけて口あい覚へてゐるなれば、千少の口明此鼻にさせてくれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の口合(い)の言及

【言語遊戯】より

…〈humanité〉(人間性)と〈animalité〉(獣性)を合成した〈humanimalité〉(獣人性)というフランス製のカバン語もある。(11)地口 〈秀句〉〈口合(くちあい)〉〈洒落(しやれ)〉ともいい,〈言いかけ〉〈掠(かす)り〉〈捩(もじ)り〉なども同様の技巧をさす。英語のパンpunにあたる。…

【地口】より

…成語に語呂を合わせたことばのしゃれ。京坂では口合(くちあい)といった。〈一富士二鷹三茄子(なすび)〉の諺をもじって,〈雪見に出たか三谷(さんや)舟〉という類。…

※「口合(い)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android