コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口角びらん(口角炎) こうかくびらんこうかくえん Angular Cheilitis

1件 の用語解説(口角びらん(口角炎)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

こうかくびらんこうかくえん【口角びらん(口角炎) Angular Cheilitis】

[どんな病気か]
 ただれ、ひび割れ、ときにかさぶたが口角(口の端)だけにできる状態を、口角びらんといいます。両側にできることも、片側だけのこともあります。
[原因]
 子どもは、口角に付着したよだれや食物の残りかすなどに細菌が感染しておこることが多いものです。ときに、真菌(しんきん)(かび)の一種のカンジダが感染することもあります。
 おとなは、糖尿病、貧血(鉄欠乏性貧血巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ))、ビタミン欠乏症などの病気で、感染に対する抵抗力が低下しているときに細菌やカンジダが感染しておこることがあります。
 抗生物質副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬の長期使用が原因のこともあります。
 高齢者は、このような原因がなくても、カンジダが感染しておこることがあります。
[治療]
 原因菌を調べる培養検査や、採取した組織を顕微鏡で見る検査で菌体を確認して診断します。
 びらんのおこっている部位を清潔にして、乾燥させるようにすれば治ることが多いものです。
 重症の場合は、抗生物質やカンジダに有効な薬剤を塗布し、全身的な病気がある場合は、その治療が必要です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

口角びらん(口角炎)の関連キーワード亀裂クラック爛れ爛れ目何心地罅割れ罅割れる焼割れひび割れ角礫岩ひび割れ陶磁器組織

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone