コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

友成 トモナリ

4件 の用語解説(友成の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ともなり【友成】

平安中期の刀工。備前の人。正恒(まさつね)と並んで、古備前の代表者。生没年未詳。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

友成 ともなり

?-? 平安時代中期の刀工。
実成(さねなり)の子という。古備前(こびぜん)を代表する名工。永延(987-989)のころの人といわれる。嘉禎(かてい)年間(1235-38)の年号をきざんだ作品もあり,同銘の刀工が何人かいたとおもわれる。平教経(のりつね)が奉納した厳島(いつくしま)神社蔵の太刀(国宝),御物(ぎょぶつ)太刀「鶯丸」をはじめ,名作がおおい。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

友成

生年:生没年不詳
平安後期の備前(岡山県)の刀工。正恒と並んで古備前を代表する名工。古備前では最も古い刀工で,永延(987~89)のころと伝える。しかし,嘉禎(1235~38)の年号を記した作もあって,同銘が鎌倉時代まで続いており,さらに平安時代の作でも銘の書風が異なるものもあり,作の優劣もあるので,代を重ねていたか,複数の同銘の存在が考えられる。最も古い代表作が名物鶯丸太刀(御物)で,細身,小切先で反りの高い平安時代独特の姿に,板目の鍛えに小乱れの刃文を焼き,古様を示している。厳島神社蔵の太刀(国宝)は平重盛奉納と伝えられ,これよりは洗練された刃文となっている。

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

友成の関連情報