古川 太四郎(読み)フルカワ タシロウ

  • 古川 太四郎 (ふるかわ たしろう)

20世紀日本人名事典の解説

明治期の盲啞教育家 京都盲啞院院長;大阪盲啞院院長。



生年
弘化2年2月20日(1845年)

没年
明治40(1907)年12月26日

出生地
京都

経歴
父が興した京都最大の漢学塾の寺子屋白景堂で教えていたが、明治維新の際には勤王に尽くし、維新後京都府の小学校建営に参画して教師となる。明治6年京都待賢門小学校教師となり、同校で盲啞教育を試み、成果をあげる。11年京都に日本最初の盲啞学校である京都盲啞院を開設し、院長となる。22年退職。33年私立大阪盲啞院長、40年市立大阪盲啞学校長を歴任。日本盲啞教育の開拓者として活躍し、その独創的な教育方法は没後文部省より渡辺平之甫編「古川氏盲啞教育法」として集大成された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1845年2月20日
明治時代の盲唖教育者。大阪盲唖院院長
1907年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android