コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古川太四郎 フルカワタシロウ

デジタル大辞泉の解説

ふるかわ‐たしろう〔ふるかはタシラウ〕【古川太四郎】

[1845~1907]日本近代盲聾(もうろう)教育の創始者。京都の人。盲聾教育を志し、明治11年(1878)日本最初の盲聾学校、京都盲唖院の初代院長となる。独創的教育法とともに盲聾教育の確立に貢献した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

古川太四郎

没年:明治40.12.26(1907)
生年:弘化2.2.20(1845.3.27)
わが国の近代盲聾教育の創始者。寺子屋白景堂を営む古川直次郎,あいの4男として,京都上京に生まれ,明治2(1869)年に京都市内の町組ごとに設置された番組小学校のひとつである待賢校の教師となるが,新池開発許可書偽造により3年7月から約2年を獄中で過ごし,6年待賢校に復職。そこで唖児や盲児の教育に携わり,成果を挙げるとともに,10年にわが国最初の障害児教育に関する論文を執筆した。さらに京都府に働きかけ,わが国最初の盲唖院の設立に努め,11年5月に開校,院長となるが,22年,経営に行き詰まり退職。33年に大阪盲唖院長に就任,在職中に死去。

(米山光儀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

古川太四郎の関連キーワード五代 五兵衛2月20日五代五兵衛没年

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android