古川庄八(読み)ふるかわ しょうはち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古川庄八 ふるかわ-しょうはち

1835-1912 幕末-明治時代の航海技術者。
天保(てんぽう)6年生まれ。長崎の海軍伝習所にまなび,オランダに留学。慶応3年開陽丸を船して帰国。戊辰(ぼしん)戦争では榎本武揚(えのもと-たけあき)にしたがい箱館(はこだて)でたたかう。維新後,横須賀造船所,海軍につとめた。明治45年2月18日死去。78歳。なお生年,享年には異説がある。讃岐(さぬき)(香川県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android