コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古座川県立自然公園 こざがわけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古座川県立自然公園
こざがわけんりつしぜんこうえん

和歌山県南部,古座川,平井川,添野川,佐本川などの河川流域と,周辺の森林からなる自然公園。古座川町すさみ町白浜町の 3町にまたがる。面積 62.41km2。2010年指定。古座川中流部の峡谷は古座峡と呼ばれ,両岸に奇岩怪石が連なる景勝地。高さ 100m,幅 500mの古座川の一枚岩(国指定天然記念物)をはじめ,飯盛岩,神水瀑など変化に富んだ河川景観を有する。支流の小川には甌穴の滝の拝(はい)があり,夏になると滝壺にアユが集まるため釣り人でにぎわう。平井川上流と将軍山南部の森林地帯にはケヤキモミツガトガサワラなどの自然林が分布し,将軍山にはオオダイガハラサンショウウオなど希少な野生生物が生息する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android