コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古座峡 こざきょう

3件 の用語解説(古座峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古座峡
こざきょう

和歌山県南部,古座川中流部の峡谷。古座川町南部に位置。古座川三尾川を合わせてのち東流する約 20kmの間をさす。新第三紀層の流紋岩が浸食され,両岸に奇岩怪石が連なる景勝地で,蔵土(くろず)の天柱岩,相瀬(おおせ)の一枚岩(国指定天然記念物),月野瀬の牡丹岩,高池の虫喰岩(国指定天然記念物)は特に有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こざきょう【古座峡】

和歌山県南部を流れる古座川中流にある峡谷。古座川は低山性の山地を緩やかに流れ,熊野灘に面した河口より24km余さかのぼった真砂まで舟運が可能であった。蛇行の著しい古座川が南から東へ流れを変える古座川町追野々から一雨(いちぶり)まで12kmが古座峡と呼ばれ,両岸に古第三紀の牟婁層群と第三紀の熊野層群の砂岩,泥岩からなる岩壁が迫る。とくに明神にある巨大な一枚岩(天)は,高さ300m,幅836mに達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕古座峡(こざきょう)


和歌山県南部、古座川中流部にある峡谷。延長約15km。大塔(おおとう)山の南斜面を古座川が嵌入蛇行(かんにゅうだこう)してできた。両岸に奇岩・怪峰が迫る変化に富んだ景観がみられる。高さ100m、幅500mに及ぶ流紋(りゅうもん)岩の古座川の一枚岩は国指定天然記念物。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古座峡の関連キーワード古座川和歌山県東牟婁郡古座川町相瀬和歌山県東牟婁郡古座川町池野山和歌山県東牟婁郡古座川町楠和歌山県東牟婁郡古座川町蔵土和歌山県東牟婁郡古座川町小川和歌山県東牟婁郡古座川町和歌山県東牟婁郡古座川町佐田和歌山県東牟婁郡古座川町立合和歌山県東牟婁郡古座川町峯

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone