コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古座川 こざがわ

4件 の用語解説(古座川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古座川
こざがわ

和歌山県南部の川。大塔山を発してほぼ南流,のち東流して小川を合わせ,串本町で熊野灘に注ぐ。全長 51km。穿入蛇行が著しく,新第三紀層の流紋岩を刻む。特に東流する部分約 20kmは古座峡と呼ばれ,北岸の一枚岩は高さ 100m,幅 500mの巨岩で,高池の虫喰岩とともに国の天然記念物

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こざ‐がわ〔‐がは〕【古座川】

和歌山県南部を流れる川。東牟婁(ひがしむろ)郡古座川町北部の大塔(おおとう)山(標高1122メートル)に源を発して南流し、串本町古座で熊野灘に注ぐ。長さ56キロ。下流に約15キロメートルにわたり古座川峡があり、高さ100メートル、幅500メートルの一枚岩は国指定の天然記念物。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕古座川(こざがわ)


和歌山県南部を流れる川。2級河川(古座川水系)。延長40km。紀伊(きい)山地の大塔(おおとう)山(標高1122m)に源を発し、南流、南東流し串本(くしもと)町古座で熊野灘(くまのなだ)に注ぐ。本支流とも嵌入蛇行(かんにゅうだこう)が著しい。本流中流に多目的の七川(しちかわ)ダム、その下流に奇岩が連なる古座峡がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古座川
こざがわ

和歌山県南部を流れる川。紀伊山地大塔山(おおとうざん)(1122メートル)に発し、串本町で熊野灘(なだ)に注ぐ。延長51キロメートル、流域面積356平方キロメートル。大塔山から南流して、平井川と合流し七川(しちかわ)ダムを経て、右岸に佐本(さもと)川、三尾(みと)川をあわせて向きを東に変え、著しい嵌入(かんにゅう)蛇行をなして、約20キロメートルの間に古座峡をつくる。両岸に奇岩怪石がそびえ、なかでも国の天然記念物の一枚岩は高さ300メートル、幅83メートルの流紋岩の巨岩である。また支流池野川沿いの虫喰(むしくい)岩(国の天然記念物)、支流小川の甌穴(おうけつ)滝ノ拝(たきのはい)の奇観などがある。江戸時代には河口から真砂(まなご)(古座川町)まで船便があり、材木を搬出した。[小池洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の古座川の言及

【古座峡】より

…和歌山県南部を流れる古座川中流にある峡谷。古座川は低山性の山地を緩やかに流れ,熊野灘に面した河口より24km余さかのぼった真砂まで舟運が可能であった。…

※「古座川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

古座川の関連キーワード浅野川古座峡富田川古座港和歌山県東牟婁郡古座川町楠和歌山県東牟婁郡古座川町蔵土古座〈町〉和歌山県東牟婁郡古座川町和歌山県東牟婁郡古座川町佐田和歌山県東牟婁郡古座川町峯

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古座川の関連情報