コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古曳盤谷 こびき ばんこく

1件 の用語解説(古曳盤谷の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古曳盤谷 こびき-ばんこく

1807-1885 江戸後期-明治時代の画家。
文化4年生まれ。岡田半江(はんこう),山本梅逸らに絵画をまなび,信濃(しなの)(長野県)で佐久間象山とまじわる。江戸で藤本鉄石らの倒幕運動にくわわるが,発覚して信濃にのがれ,松本で画塾をひらいた。門下に藤森桂谷(けいこく)ら。明治18年死去。79歳。伯耆(ほうき)(鳥取県)出身。名は愿。字(あざな)は正民。別号に鋤竹斎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古曳盤谷の関連キーワード並木五瓶(初代)レザーノフスティロライトラテライト株式会社休明光記森枳園紗那東京芸術大学120周年巨文島事件

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone