コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡田半江 おかだ はんこう

9件 の用語解説(岡田半江の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

岡田半江

江戸後期の南画家。大坂生。米山人の子。名は粛、字は子羽、別号に寒山・独松楼等がある。画を父に学び、また南宋・元・明の画跡を研修し、一家を成す。山水・花卉画を得意とし、詩文も能くした。弘化3年(1846)歿、65才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おかだ‐はんこう〔をかだハンカウ〕【岡田半江】

[1782~1846]江戸後期の画家。大坂の人。名は粛、字(あざな)は子羽、通称、宇左衛門。父の米山人に儒学と画を学び、文人画家として名高い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

岡田半江【おかだはんこう】

江戸末期の南画家。名は粛,字は子羽。岡田米山人の子。一時津藩藤堂家に仕えたが辞し,画業に専念,大坂文人画壇の指導者となる。鮮明な色彩や墨色を生かした潤いのある作品を残し,画名は父をしのいだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田半江 おかだ-はんこう

1782-1846 江戸時代後期の画家。
天明2年生まれ。岡田米山人(べいさんじん)の子。父から書画をまなび,伊勢(いせ)津藩大坂蔵屋敷につかえた。40歳をすぎて職を辞し,頼山陽,田能村竹田らと交友をむすび,緻密精細な筆致による山水画を得意とした。弘化(こうか)3年2月8日死去。65歳。大坂出身。名は粛。字(あざな)は子羽。通称は宇右衛門。別号に寒山,独松楼。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岡田半江

没年:弘化3.2.8(1846.3.5)
生年:天明2(1782)
江戸後期の南画家。岡田米山人の子。大坂生まれ。名は粛,字は子羽。少年時には小米,のちに半江と号した。別に寒山などの号がある。通称は宇左衛門,のちに父と同じく彦兵衛と称した。父に絵を学び,父と同じく津藩大坂蔵屋敷に仕えたが,左遷されて京邸に移り,文政5~7(1822~24)年ごろに致仕。以後書画三昧の生活に入り,頼山陽や篠崎小竹らの文人墨客らと交流。晩年,天保飢饉に際して住吉に隠棲,「住江真景図」(個人蔵),「春靄起鴉図」(遠山記念館付属美術館蔵)などの代表作を生んだ。父とは異なって艶麗精細な画風に特色があり,当時は大坂文人画を代表する画家であった。

(星野鈴)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おかだはんこう【岡田半江】

1782‐1846(天明2‐弘化3)
江戸後期の文人画家。名は粛,字は子羽。岡田米山人の子。初め伊勢の津藩の藤堂侯に仕えるが,1824年(文政7)官を辞し大坂に移り,篠崎小竹,田能村竹田などの文人と交わる。画は父の米山人に学ぶが,やがて中国,明代の画家董其昌風の正統派文人画を摂取し,米山人のやや粗野な様式と異なり,堅実で穏やかな清澄感あふれる画風を確立した。【佐々木 丞平】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おかだはんこう【岡田半江】

1782~1846) 江戸後期の南画家。大坂の人。米山人の子で、幼時は小米しようべいと称した。大坂文人画の中心的存在。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡田半江
おかだはんこう

[生]天明2(1782)
[没]弘化3(1846).2.8. 大坂
江戸時代後期の南画家。名は粛,字は子羽。通称宇左衛門のち彦兵衛。号は小米 (こべい) ,半江など。岡田米山人の長男。幼時より父に詩文,書画を習う。初め藤堂侯に仕えたが,文政5 (1822) 年辞職して大坂に移住。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡田半江
おかだはんこう
(1782―1846)

江戸後期の南画家。岡田米山人(べいさんじん)の子として大坂に生まれる。名を粛、字(あざな)を子羽(しう)、通称を宇左衛門、のち彦兵衛と改める。半江はその号で、幼いころは小米(しょうべい)といった。父と同じく藤堂(とうどう)藩に仕えたが、左遷されて京邸(きょうやしき)に移されたのを機に致仕(ちし)(1822)し、大坂・天満(てんま)に住んで画業に専念。篠崎小竹(しのざきしょうちく)、頼山陽(らいさんよう)らの文人墨客たちと交遊往来、当時の大坂の代表的南画家であった。晩年には天保飢饉(てんぽうききん)の難を避けて住吉(すみよし)に隠棲(いんせい)、そこで、代表作『春靄起鴉図(しゅんあいきあず)』『住之江真景図』などの緻密(ちみつ)な筆致による潤いのある作品を生み出した。[星野 鈴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡田半江の関連キーワード岡田米山人丹鶴舟岡田鶴川平井梅園三好汝圭岡田芝斎藤井蘇堂矢野竹舌木村黙斎米山人

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone