コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古澗慈稽 こかん じけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古澗慈稽 こかん-じけい

1544-1633 織豊-江戸時代前期の僧。
天文(てんぶん)13年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都建仁寺(けんにんじ)大統院の奎文慈瑄の法をつぐ。博多の聖福寺(しょうふくじ)住持をへて,慶長10年建仁寺,13年京都南禅寺の住持。詩文,とくに聯句(れんく)にすぐれた。林羅山(らざん)も大統院で教えをうけた。寛永10年9月10日死去。90歳。信濃(しなの)(長野県)出身。俗姓は土田。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

古澗慈稽の関連キーワード如春尼ショメルケアリー地方直しハーバート徳川家光俳句(文学)天文学史(年表)自治体職員による被災地支援ギルバート

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android