コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古礀 こかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古礀 こかん

1653-1717 江戸時代前期-中期の画僧。
承応(じょうおう)2年生まれ。浄土宗。江戸増上寺でまなび,京都報恩寺の住職となる。画を狩野(かのう)永納にまなぶ。舜昌(しゅんじょう)編の「法然上人行状画図」を模して「円光大師伝」(詞書(ことばがき)は北向(きたむき)雲竹)を刊行。「円光大師号絵詞伝」(文は湛澄)の絵をかいた。大黒天像を得意とした。享保(きょうほう)2年5月23日死去。65歳。号は澄蓮社明誉,虚舟

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

古礀の関連キーワード高田敬輔承応画僧

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android